AO入試に備えて、文章力をあげるには?

 近頃、急に日差しが強くなり、夏が近づいてきたことを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


 時が経つのは早いことで、もう6月に入り、推薦入試などが目前に迫ってきました。

ということで、今回はAO入試などで試験科目となる、小論文について話していきたいと思います。


 まず、皆さんは小論文と作文の違いを明確に答えられるでしょうか?

 作文は小学生の時などに、日記や読書感想文などで触れる機会があったと思います。では、小論文はどうでしょうか?

 普通の高校生活を送っていると、教科のテストはあっても、小論文というものに触れたことは、あまりないのではないでしょうか?

 作文と小論文。どちらも文章を作るという意味では同じですが、書く内容は大きく異なります。


 作文とは、”文を作る”ことが目的であり、具体的な内容の指定や論理的な筋道を立てる必要性はあまりありません。ですが、小論文とはあくまで”論文”であり、議論されるテーマについて、自分の意見に沿い、論理だてて、読者を納得させることができる文章を書く必要があります。


 では、どうすれば小論文が書けるようになるのでしょうか?

 私の体験を話しますと、たくさんの問題にあたり、たくさん書くことです。

 今は小論文のテキストも充実してきていますし、漢字検定協会が開催している「文章読解・作成能力検定」などもあり、小論文というものについて学ぶ場所や機会も、ひと昔前に比べ充実しています。

 そこには、いろいろな問題が出ており、多く問題を解けば解くほど、どういう問題が小論文でよく取り扱われるのか分かってくると思います。また、似たような問題にも多く出会うことになるでしょう。

 小論文といっても、やはり”問題”なので、出題者が出しやすい問題や思いつきやすいネタというものが存在します。だからこそ、多くの問題を解いて、自分の中に色々な問題に対する答えを用意しておく必要があるのです。


 「じゃあ、テキストを買って、書けばできるの?」というと、そうともいえません。

 出題される問題には、ニュースで流れるような時事問題も多く取り上げられます。であれば、それについて理解しておく必要があり、そのためにはニュースや新聞などをこまめに見ておく必要があります。

 さらに、文章を書いてみたはいいけれど、実際に話の筋道が通っているのかどうかは、意外に書いた本人はわからないものです。なぜならば、自分の中には答えがあり、それに沿って書いているから、無意識のうちに書いた”つもり”になっていることや、自分は”わかる”と思っていても、他人にはわからないことは多くあるのです。

 だからこそ、自分以外の友達でもいいし、学校や塾の先生、お父さんやお母さんでもいいと思います。なるべく多くの自分以外の人に読んでもらって、話の筋道がちゃんと通っているのかを見てもらってください。

 そうすると、色々な意見が来ると思います。そうしたら、その意見をもとに、書き直してみてください。すると、少しづつ書き方が身につき、自分の文章を客観的に見ることができるようになるのです。

 

 最初は、書けない人がほとんどだと思います。ですが、何度も書くうちに、”書ききる”ことができるようになり、時間に間に合うようになり、誤字脱字が減り、内容が良くなっていくのです。ですが、そのためには多くの文章を書く必要があります。


 本校でも、そろそろ小論文指導が始まります。

 生徒たちは、どういった文章を書いて見せてくれるのか、今から楽しみでもあります。

 

12回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示

不登校生徒の大学進学について

梅雨に入ったかと思えば、真夏のような日差しがさんさんと照り付けるようになりましたが、皆様お変わりないでしょうか? この時期になると、夏休みが始まるということで、学生の皆さんは待ちわびた時期かもしれませんね。 しかし!夏休みということは、学校のほうも生徒対応以外に使える時間が増えるということでもあります。 だからこそ、学生が夏休みに入るこの時期は、大学のオープンキャンパスの時期となるのです! 本校の

不登校経験者が語る、不登校生徒が社会に戻った時に困ること

いよいよ梅雨入りとなってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか? コロナ過でのステイホームといい、梅雨といい、近頃家にいなければならない時間が多くて、疲れてきている方も多いのではないでしょうか? 家にいる時間ということで、今回は不登校についてのお話です。 皆さん、不登校の生徒が社会復帰したときに、一番困ることは何だと思いますか? 学力、体力、色々思い浮かぶと思います。 そこで今回は、中学生

国語力について

国語というと、現代文や古典、漢文の三種類を思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか?今回は、特に現代文についてのお話です。 突然、なぜ現代文の話を始めるのかと思う方が多いと思います。それは、この現代文という教科が、勉強内容の理解力に大きく関係があるからです。 では、みなさん、勉強をするときに最もよく使うものは何でしょうか? おそらく、「本」と答える方がほとんどだと思います。中では、電子書籍や辞書